2007年10月14日

鉄道博物館、田園都市線多摩川鉄橋

今日の記事は満を持して本日オープンの[[鉄道博物館]]。これっきゃない。

説明するまでもないでしょうが、昨年に70年の歴史を終えた交通博物館に代わりさいたま市に建設された我が国最大規模の鉄道博物館。
交通博物館から引き継いだ車両だけでなく、大宮総合車両センターなどに眠っていた車両、全国各地から集めた車両、実に35両もの貴重な鉄道車両が展示されるほか、蒸気機関車の運転シミュレータ(!)など珍しい設備も多く設置されるようです。

このブログを書いている時点では未開館なので、今のところ公式発表などの内容をひたすら継ぎ足したような格好です。
でも開館当日にさっそく見に行くウィキペディアンもいるでしょうし、この記事はこれからどうなるでしょうね。
地方在住の上にただの一般ユーザーの私には楽しみですが、管理者にとっては戦々恐々かも?

東京に行く機会があれば鉄道博物館にも行ってみたいですが、入館料1,000円は高いなあ…

今日の新着記事は[[田園都市線多摩川鉄橋]](首都圏ばっかりだな)
東急田園都市線の二子玉川〜二子新地間にある鉄橋。橋の上に引き上げ線があります。
昔は二子橋という鉄道道路併用橋となっており、あの初代3000系が道路上を走っていたそうですが、これに代わって建設された鉄道専用橋です。

橋の記事は成長させるのが難しいですが、これは初版から一通りの事柄が書かれており、なかなか内容がある記事です。
画像がたくさんありますが、どうやら以前にアップロードされていた画像のようですね。
posted by かもめみどり at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。