2012年09月09日

釜山-金海軽電鉄、メトロポリタン鉄道Aクラス蒸気機関車

[[Wikipedia:お知らせ#法務費用援助プログラム]]

[[meta:法務費用援助プログラム]]

[[meta:法務費用援助プログラム − RFCの紹介]]

ふむふむ…
米国みたいな訴訟大国とか、それ以外でも訴訟花盛りの現代だと、そういうリスクが大きいのかな?


今日の記事は[[釜山-金海軽電鉄]]
韓国第2の都市・釜山市の沙上駅と金海市の三渓・加耶大入口間を結ぶ鉄道路線。
2011年の本日、9月9日に開業し、今日で1周年を迎えました。
「軽電鉄」の名が示すように小型の車両を使い、ATOなどを採用し、運転士も車掌も乗務しない無人運転を実現しており、釜山市街地と釜山の空の玄関口・金海国際空港や衛星都市の金海市を結ぶ新しい足として活躍しています。

記事量9KB。隣国ゆえに基本的な情報を得やすいのか、良い意味でも悪い意味でも日本国内の鉄道路線の記事と同水準、といった感じです。
全駅が完全にスクリーン式ホームドアで覆われているようで撮影は難しそうですが、車両の写真も出ています。


今日の新着記事は[[メトロポリタン鉄道Aクラス蒸気機関車]]
英語版からの翻訳。英国ロンドンの地下鉄開業時に使用された蒸気機関車です。
記事量は多いですが、翻訳に関してはやや粗い部分もあるようです。


posted by かもめみどり at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。